ホーム>カスタマーサービス>インフォメーション>ダウンウェアのお手入れ方法(洗濯・乾燥などについて)

ダウンウェアのお手入れ方法(洗濯・乾燥などについて)

2015/5/12

モンベルのダウンは、ご家庭で手洗いできます! 正しいメンテナンス方法をご紹介!

イメージ画像

身体から分泌される皮脂などがダウンに付着すると、羽枝(ダウンボールに密生した綿毛のようなもの)が束になってしまい、たくさんの空気を蓄えることができなくなり、保温性が低下してきます。それを防ぐためには適切なお手入れが欠かせません。
全体的に汚れている場合や、かさが低くなって買った当初ほど暖かくないと感じる場合は、全体を洗います。クリーニング店に依頼いただいても結構ですが、モンベルのダウンウェアはご家庭での手洗いも可能です!

モンベルのダウンウェアについて、一部で洗濯絵表示が「ドライ」のものがありますが、以下の方法で手洗いいただいて問題ありません。

家庭での手洗い・乾燥の方法

イメージ画像

手洗いの前に!


洗剤について


一般の家庭用洗剤はダウンの天然油分を奪い、保温性を低下させてしまいます。ダウン製品専用の洗剤を使用ください。

O.D.メンテナンス ダウンクリーナー 200mL 
ダウンを使用したウエアやギアの汚れをしっかりと落とすことができる洗濯洗剤です。ダウンにしみこんだ皮脂や汗をしっかりと落とし、ロフト(かさ高さ)を回復させることで、ダウン本来の保温力を回復させます。

ダウンクリーナー 
アウトドア・アイテムのメンテナンス用品を長年研究しているMcNETT(マクネット)社が開発した、天然原料によるダウン専用高品質洗剤です。1本で3枚のスリーピングバッグを洗うことができます。

イメージ画像

部分洗い


生地表面のちょっとした汚れだけなら、部分洗いで十分です。また、汚れのひどい部分や、汗をかきやすい部分が気になるときは、洗濯の前に部分洗いをすると効果的です。
ダウンクリーナーを水に溶かし、それをスポンジやタオルに含ませて汚れを擦り落とすように拭き取ります。それでも落ちない頑固な油汚れなどは、タオルにベンジンを含ませてふき取るのが効果的です。

イメージ画像

手洗い手順


【1】
まず、ウェアに破れやキズがないかを確認します。もし、破れた個所があればリペアシート等で修理をします。
※修理については、モンベル・カスタマー・サービスまでご相談ください。
※コートやジャケットについているダウンライナーの場合は、ダウンライナーだけを取り外して洗います。

【2】
洗いおけや浴槽にウェアがちょうどつかるぐらいのぬるま湯を入れて、ダウンクリーナーを加えます。ジッパーやホックをしっかりと閉じたウェアを軽くたたみ、空気を押し出してから、ウェアを浸します。

イメージ画像

【3】
ウェア全体を浸して、押し洗いをします。軽く押し続ける程度で生地やダウンに付着していた汚れが浮き出し、洗いおけのぬるま湯が徐々に濁ってきます。
その際、内部に水を含んだウェアを洗いおけから持ち上げないように注意してください。水圧で生地や縫い糸の破損につながる場合があります。

イメージ画像

【4】
押し洗いがくまなく済んだら、すすぎに入ります。洗いおけをゆっくり傾けるか、浴槽の栓を抜いて、ウェア内部の水が自然に抜けるのを待ちます。そして、さらにウェアを軽く巻き上げて、残りの水分を押し出します。もう一度きれいな水にウェアを浸し、同じ要領で水が濁らなくなるまで十分にすすぎを繰り返します。

イメージ画像

【5】
ウェアのジッパーを開いて、洗濯機のドラムに沿わすように置いて脱水を短時間で行います(2槽式の場合は1分以内で)。
※ウインドストッパー ファブリクスを使用しているパーマフロスト・シリーズの場合は、表裏をひっくり返して必ずウェアの内側を洗濯機のドラムに沿わすようにしてください。

イメージ画像

【6】乾燥
ジッパーを開けた状態にして、低温に設定した乾燥機で乾燥させます。ご自宅に乾燥機もしくは洗濯乾燥機がない場合は、お近くのコインランドリーの乾燥機をご利用ください。その際、O.D.メンテナンス S.R.リキッドスプレーを表面に塗布しておくと、撥水性の回復に効果的です。
内側の首周りやジッパー付近の冷気を防ぐチューブ内など、ダウンが乾きにくい場合は、表裏をひっくり返して乾燥させてください。

※乾燥後にSRスプレー(撥水スプレー)を塗布いただいても結構です。
※乾燥機の性能とダウンの量によって所要時間は大きく異なります。途中で何度か取り出して乾き具合を確かめながら乾燥ください(乾燥機をかけ過ぎないように)。その際、寝袋を両手で軽くたたくと内部のダウンがほぐれ、片寄りを防ぐことができます。

表面のダウンが乾いているように見えても、内側が湿っている場合がありますので、仕上げに一週間ほど、風通しのよい日陰で乾燥させます。
乾燥後、全体を優しくたたくようにしてダウンの片寄りをほぐしてください。

※表生地の紫外線劣化を避けるため、日陰で乾燥させてください。

撥水剤のご紹介
O.D.メンテナンス S.R.リキッドスプレー 200mL / 300mL
手軽に強力な撥水性/撥油性加工を施すことができるスプレー式撥水剤です。洗濯をしたあと、乾燥機にかける前に塗布します。

S.R.スプレー 170ml / 330ml
水だけでなく油もはじく防汚性に優れた撥水・撥油スプレーです。乾燥後、全体にくまなくスプレーし、風通しのよい場所で約1日放置します。

イメージ画像

通気性のよい大きめの袋に入れて、押し入れ等で保管します。
プラスチックの衣装ケースやビニール袋などでの収納は避けてください。
また、洗濯を終えたばかりのダウン製品は、十分に乾燥しているように見えても水を含んでいる可能性がありますので、一週間程度は風通しのよいところでハンガーに吊しておきます。

保管用バッグのご紹介
ストリージバッグメッシュ
中綿入りアイテムの長期間保管用バッグ。ロフト(かさ高さ)の回復力低下を防ぎます。通気性がよいメッシュタイプ。

ダウンの飛び出しについて

イメージ画像

織り目からのダウンやスモールフェザーの飛び出しを抑えるために、生地にはダウンプルーフ(羽毛飛び出し防止)という特殊な加工が施されていますが、まれに若干のダウンが飛び出す場合があります。
全体のダウン封入量からするとごく微量なもので、保温力やロフト(かさ高さ)に影響を与えるようなものではありません。ただ、飛び出したダウンをつまんで引っぱり出すと、絡み合ったダウンが次々と出てきますので、以下のように対処してください。

ダウン抜けには、次の2種類があります。
1. 縫い目から出る場合―羽毛の切れ屑なので、ガムテープなどを貼って剥がすことで除去できます。
2. 生地から出る場合―生地表面からフェザー(羽)が出た状態(写真A)で、引き抜いてしまうと静電気で他の羽毛を引き出してしまうため、出ている箇所の裏側からフェザーをつまんで、ウェア内に引き戻してください。(写真B)フェザーが出ていた箇所を軽く揉むことで抜けた跡は消えます。

EXダウン 3年保証サービス

イメージ画像

超高品質ダウン「EXダウン」を使用したすべてのウェアについて、3年保証サービスを行っています! 長く安心してお使いいただくため、そして、品質への信頼を大切にするために。アウトドアメーカーとして長年にわたってダウン製品の開発を手掛けてきた、モンベルならではの取り組みです。
詳しくは、こちらのインフォメーションをご覧ください>>>

モンベルでは、すべての製品について修理・メンテナンスを承っています。「EXダウン」製品以外についても、モンベル・カスタマー・サービスにて修理を行います。

一覧へ