スリーピングバッグの洗濯方法

寝袋(シュラフ)に封入されているダウンや化繊綿に皮脂などが付着すると、たくさんの空気を蓄えることができなくなり、保温性が低下してきます。全体的に汚れている場合や、かさが低くなり買った当初ほど暖かくないと感じる場合は、全体を洗います。
寝袋(シュラフ)の中綿素材を大別するとダウン製と化繊製の2つがあり、それぞれ使用する洗剤や乾燥方法が違います。ここでは、中綿の素材別に、正しい洗濯・乾燥の方法をご紹介します。

クリーニング店に依頼いただいても結構です。その際は、中綿がダウンもしくは化繊綿であることを明示ください。

洗濯方法(ダウン製)

手洗いの前に

イメージ画像

洗剤について

一般の家庭用洗剤はダウンの天然油分を奪い、保温性を低下させてしまいます。「ダウンクリーナー」などのダウン製品専用の洗剤を使用ください。


部分洗い

汚れのひどい部分は、洗濯の前に部分洗いをすると効果的です。
ダウンクリーナーを水に溶かし、それをスポンジやタオルに含ませて汚れを擦り落とすように拭き取ります。それでも落ちない頑固な油汚れなどは、タオルにベンジンを含ませてふき取るのが効果的です。


破れやキズは修理を!

破れやキズがないかを確認します。もし、破れた個所があれば「リペアシート」等で修理をします。
※修理については、モンベル・カスタマー・サービスまでご相談ください。

丸洗いの手順

イメージ画像

1.ぬるま湯に浸す
浴槽や大きな洗いおけにぬるま湯をはり、洗剤を入れます。 寝袋のジッパーをきちんと閉め、軽くたたんで空気を押し出してから、ぬるま湯に浸します。

ファスナーを開けたまま洗うと生地を痛めることがあります。

イメージ画像

2.洗いとすすぎ
足で優しく踏み洗います。汚れが浮き出し、ぬるま湯が徐々に濁ってきます。
踏み洗いがくまなく済んだら、すすぎに入ります。洗いおけをゆっくり傾けるか、浴槽の栓を抜いて、寝袋内部の水が自然に抜けるのを待ちます。そして、寝袋を軽く巻き上げて、残りの水分を押し出します。もう一度きれいな水に浸し、同じ要領で水が濁らなくなるまで十分にすすぎを繰り返します。

イメージ画像

3.脱水
絞って脱水すると羽毛にダメージを与えてしまうので、上から押さえるようにして水分を押し出します。ある程度水分が出たら、バスタオルに挟んで押し出し、水分を吸い取ります。

イメージ画像

4.乾燥
ジッパーを開けた状態にして、低温に設定した乾燥機で乾燥させます。ご自宅に乾燥機もしくは洗濯乾燥機がない場合は、お近くのコインランドリーの乾燥機をご利用ください。
その際「スプレーオン ウォーターリペレント」を表面に塗布しておくと、撥水性の回復に効果的です。 内側の首周りやジッパー付近の冷気を防ぐチューブ内など、ダウンが乾きにくい場合は、表裏をひっくり返して乾燥させてください。

乾燥後に「SRスプレー」(撥水スプレー)を塗布いただいても結構です。

乾燥機の性能とダウンの量によって所要時間は大きく異なります。途中で何度か取り出して乾き具合を確かめながら乾燥ください(乾燥機をかけ過ぎないように)。その際、寝袋を両手で軽くたたくと内部のダウンがほぐれ、片寄りを防ぐことができます。

イメージ画像

5.仕上げ
表面のダウンが乾いているように見えても、内側が湿っている場合がありますので、仕上げに一週間ほど、風通しのよい日陰で乾燥させます。
乾燥後、全体を優しくたたくようにしてダウンの片寄りをほぐしてください。

表生地の紫外線劣化を避けるため、日陰で乾燥させてください。

イメージ画像

6.保管方法
通気性のよい大きめの袋に圧縮しないように入れ、湿度の少ない場所で保管します。中綿入りアイテムの長期間保管用バッグ「ストリージバッグメッシュ」を使うと便利です。

洗濯方法(化繊綿の場合)

手洗いの前に

イメージ画像

洗剤について

家庭用の中性洗剤をご使用ください。


部分洗い

汚れのひどい部分は、洗濯の前に部分洗いをすると効果的です。
中性洗剤を水に溶かし、それをスポンジやタオルに含ませて汚れを擦り落とすように拭き取ります。それでも落ちない頑固な油汚れなどは、タオルにベンジンを含ませてふき取るのが効果的です。


破れやキズは修理を!

破れやキズがないかを確認します。もし、破れた個所があれば「リペアシート」等で修理をします。
※修理については、モンベル・カスタマー・サービスまでご相談ください。

丸洗いの手順

イメージ画像

1.ぬるま湯に浸す
浴槽や大きな洗いおけにぬるま湯をはり、洗剤を入れます。 寝袋のジッパーをきちんと閉め、軽くたたんで空気を押し出してから、ぬるま湯に浸します。

ファスナーを開けたまま洗うと生地を痛めることがあります。

イメージ画像

2.洗いとすすぎ
足で優しく踏み洗います。汚れが浮き出し、ぬるま湯が徐々に濁ってきます。
踏み洗いがくまなく済んだら、すすぎに入ります。洗いおけをゆっくり傾けるか、浴槽の栓を抜いて、寝袋内部の水が自然に抜けるのを待ちます。そして、寝袋を軽く巻き上げて、残りの水分を押し出します。もう一度きれいな水に浸し、同じ要領で水が濁らなくなるまで十分にすすぎを繰り返します。

イメージ画像

3.脱水
絞って脱水すると中綿にダメージを与えてしまうので、上から押さえるようにして水分を押し出します。ある程度水分が出たら、バスタオルに挟んで押し出し、水分を吸い取ります。

イメージ画像

4.乾燥
洗いあがったものは、風通しの良い日陰でゆっくりと時間をかけて完全に乾燥させます。スノコや網戸などの風通しのよい平らなものの上に乗せて平干しするか、形を整えて吊るしておきます。
完全に乾燥するまでにはかなりの時間がかかるため(温度や湿度などの条件により、一週間以上の場合もあります)、この作業は気長に行うべきです。完全に乾燥したら、全体を優しくたたくようにして中綿の片寄りをほぐしてください。

中の化繊綿にダメージを与える恐れがあるため、乾燥機は使用しないでください。

表生地の紫外線劣化を避けるため、日陰で乾燥させてください。

イメージ画像

5.撥水処理
乾燥後に「SRスプレー」(撥水スプレー)を塗布しておくと、撥水性の回復に効果的です。

イメージ画像

6.保管方法
通気性のよい大きめの袋に圧縮しないように入れ、湿度の少ない場所で保管します。中綿入りアイテムの長期間保管用バッグ「ストリージバッグメッシュ」を使うと便利です。

関連商品