洗濯について

洗濯はメンテナンスの基本です。商品と長く付き合っていくために、正しい方法で洗濯しましょう。

洗濯の注意点

メンテナンスとしての洗濯

汚れが付着した状態を長く放置することは、機能の低下や素材の劣化を誘発・促進させ、最終的に製品寿命を縮める大きな要因となります。洗濯はメンテナンスの基本であることを認識していただき、汚れが目に見える場合はもちろん、汚れが目に見えなくとも、普通の服と同じように定期的に洗濯表示(詳細は下記を参照してください)に従った正しい洗濯を行なうようにしてください。

洗濯表示の見方

イメージ画像

「洗濯表示」を確認することで、製品の正しい洗濯方法が判別できます。例えば、同じゴアテックス製品でも、他のパーツ(中綿・裏地・ホック等)の材質によって洗濯方法が変わる場合がありますので、洗濯前には必ず「洗濯表示」をご確認ください。

洗濯表示は通常、製品の内側に品質表示とともに縫い付けられております。一部の製品にはついていない場合もありますので、その際にはお問い合わせください。

洗濯表示の見方

すすぎの重要性

すすぎが不十分で、洗剤の残留成分が除去されないまま製品を使用した場合、防水性・撥水性が低下、もしくは失われることがあります。十二分にすすぎを行いましょう。

洗濯で汚れが落ちない場合

汚れの成分によって、もしくは放置した結果染み付いてしまった場合などには、洗濯しても落ちないこともあります。また、カビが発生するとほとんどの場合除去することは不可能です。

洗濯方法

テント・タープの洗濯方法

イメージ画像

テントやタープを洗う際に最も気をつけることは、防水コーティングを傷つけないことです。そのため丸洗いはできるだけ避けて、部分洗いを心がけてください。

洗濯方法詳細へ

レインウェア・アウタークロージングの洗濯方法

イメージ画像

クリーニング店に出される方も多いようですが、ゴアテックスやドライテックなどを使った製品もご自宅で洗濯することができます。

洗濯方法詳細へ

ダウンウェアの洗濯方法

イメージ画像

モンベルのダウンは、ご家庭で手洗いできます! 正しいメンテナンス方法をご紹介!

洗濯方法詳細へ

スリーピングバッグの洗濯方法

イメージ画像

スリーピングバッグの中綿素材を大別するとダウン製と化繊製の2つがあり、それぞれ使用する洗剤が異なります。

洗濯方法詳細へ

フットウェアの洗濯方法

イメージ画像

ブーツは全体を丸洗いするよりも汚れている箇所のみに絞った部分洗いが一般的です。ここでは、部分洗いとメンテナンスの方法をご紹介します。

洗濯方法詳細へ

バックパックの洗濯方法

イメージ画像

バックパックもテントなどと同様で丸洗いはできるだけ避けて、汚れのひどい部分を中性洗剤で洗います。

洗濯方法詳細へ